法律の素人、初心者にもわかる、簡単な遺言書の書き方を教えます。相続にまつわる紛争防止の為に遺言書、エンディングノートを活用しましょう。

秘密証書遺言

秘密証書遺言とは

秘密証書遺言とは,遺言者が,遺言の内容を記載した書面に署名押印をした上で,これを封じ,その封印につき公証人の公証を受けるものです(民法970条)。

秘密証書遺言によって、その遺言書が間違いなく遺言者本人のものであることを明確にでき,かつ,遺言の内容を誰にも明らかにせず秘密にすることができるというメリットがあります。しかし,公証人は,その遺言書の内容を確認することはできませんので,遺言書の内容に法律的な不備があったり,無効となってしまうリスクがあり、また,自筆証書遺言と同じように,この遺言書を発見した者が,家庭裁判所に届け出て,「検認」手続を受けなければならないというデメリットがあります。

法律の専門家からはおすすめされない方式であり、実際にも、あまり利用されていない方式です。

秘密証書遺言の要件

  1. 遺言者が遺言を作成し、その遺言書に署名・押印すること。
  2. 遺言者がその遺言を封筒に入れ、遺言で用いた印章で封印をすること。
  3. 遺言者が、公証人と証人2人以上の前に封筒を提出し、自分の遺言であることと氏名住所を申述すること。
  4. 公証人が、その遺言に提出した日付及び、遺言の申述(自分の遺言であること及び氏名住所)を封筒に記載し、公証人、証人、遺言作成者本人が封筒に署名押印すること。

秘密証書遺言の作成の手順

遺言書本体の作成、署名、押印。
秘密証書遺言(本体)は、自筆証言遺言と異なり「全文の自書」(自筆)は必須ではありません。パソコンで作成したり、第三者に代筆してもらうことも可能です。
もっとも、遺言書本体に、遺言者自身が署名、押印することは必要です。押印は実印でなくともかまいません。
封入、封印。
遺言者自身が遺言書本体を封入し、遺言書本体への押印に使用したものと同一の印章を用いて封印します。封書については、特に制限はありませんが、市販の封筒等を用いるのが一般的です。
公証役場に封書を提出する。
遺言者は、公証人及び証人2人以上の前に封書を提出して、自らが遺言者である旨と遺言書本体の筆者の氏名・住所を申述します。
遺言者が遺言書を封入した封書を提出すると、公証人は、提出された日付と遺言者の申述を封紙に記載し、公証人、遺言者、証人がそれぞれその封紙に署名押印します。

PAGETOP
Copyright © 素人にもわかる遺言書の書き方 All Rights Reserved.