法律の素人、初心者にもわかる、簡単な遺言書の書き方を教えます。相続にまつわる紛争防止の為に遺言書、エンディングノートを活用しましょう。

遺言の方式と手続き

  • HOME »
  • 遺言の方式と手続き

「遺言」とは

一般的には「ゆいごん」と読みますが、法律の世界では「いごん」と読んでいます。

遺言とは、遺言者の死亡時に効力が生じる、意思表示のことをいいます。この意思表示を記載した書面が、「遺言書」です。

遺言の方式

遺言の方式は法律に定められており、これに従わなければ効力は生じません(民法960条)。
普通方式と特別方式があります(民法967条)。一般的には、遺言は普通方式によって作成されます。

普通方式

  1. 自筆証書遺言
  2. 公正証書遺言
  3. 秘密証書遺言

特別方式

  1. 危急時遺言
  2. ・死亡危急者遺言
    ・船舶遭難者遺言

  3. 隔絶地遺言
  4. ・伝染病隔離者遺言
    ・在船者遺言

このように、遺言の形式が法律上定められいるのは、遺言者の真意を明確に表し、遺言者の死後、相続に関する争いの発生を防止するためなのです。なぜなら、遺言の内容に不備、不明瞭な点があっても、すでに遺言者が死亡している以上、本人に確認することができないからです。

自筆証書遺言

詳細はこちら

公正証書遺言

詳細はこちら

秘密証書遺言

詳細はこちら

PAGETOP
Copyright © 素人にもわかる遺言書の書き方 All Rights Reserved.