法律の素人、初心者にもわかる、簡単な遺言書の書き方を教えます。相続にまつわる紛争防止の為に遺言書、エンディングノートを活用しましょう。

エンディングノート

  • HOME »
  • エンディングノート

エンディングノートとは

エンディングノートとは、高齢者が人生の終末期に迎える死に備えて自身の希望を書き留めておくものです。

遺言のように方式が法定されているわけでなく、また、書く内容も法律効果を発生させるようなものでなくても、何を書いてもかまいません。

法律上の問題でない事柄についての希望を遺したり、存命中や死後の家族の負担を減らすことを目的として書かれます。

エンディングノートの書き方

エンディングノートは法律上の根拠があるものではなく、任意に作成するものでありますから、自由な方式で作成することができます。

例えば、自筆でなくともパソコンでの作成も可能ですし、一度に全部書く必要がなく後で何度でも書き足してもいいです。記入内容の変更も自由にできます。また、写真や別表を貼り付けたりすることも可能です。

内容は、死後のことだけでなく、存命中の緊急時に必要なことも書かれます。

エンディングノートに書かれる事柄例

  • 自分のこと
  • 資産のこと
  • 遺言のこと
  • 身の回りのこ
  • 医療・介護のこと
  • 葬儀・お墓のこと
  • 家族・親族のこと
  • 友人・知人のこと

自分のこと

氏名、住所、本籍、勤務先、マイナンバーや保健所、運転免許証やパスポートの保管場所等を書いておきます。

自分史を書くという人もいます。

資産のこと

財産や借金等リストアップしておくと、遺言書と合わせて、相続人が相続手続きをすすめやすくなります。

キャッシュカードの暗証番号や金庫の暗証番号・鍵の保管場所などを書く場合は、エンディングノートの保管に注意しましょう。

遺言のこと

遺言書作成の有無、保管場所を書いておくと、相続人が遺言書を検索する手間が無くなり、相続手続きを始めやすくなります。

身の回りのこ

現在入っている会員サービスのことやパソコンなどのパスワードなどを記載します。特に、ブログやFacebook等のインターネットのID、パスワードを書いておくと、死後そのままブログを削除も修正もできないという事態を避けることができます(パスワードを書いた場合、エンディングノートの保管に注意しましょう)。

ペットのことについても書いておくと良いでしょう。

医療・介護のこと

現在、かかっている病気・病院名、介護が必要になった場合の希望等を書きます。
また、延命措置、臓器提供や献体登録の希望の有無を書いたりします。

葬儀・お墓のこと

希望する葬儀内容、菩提寺の名前や連絡先、宗派や喪主になってほしい人などを書きます。
また、葬儀に使って欲しい写真なども添付しておくと良いと思います。

葬儀については、生前に葬儀業者に見積もりを取ったり、打ち合わせをしたりすることも可能です。当事務所では、お客様のご要望に柔軟に対応できる葬儀社と提携しており、ご紹介することが可能です。

>>生前の葬儀見積り、打ち合わせ等のお問い合わせ

家族・親族のこと

家族、親類関係をリストアップしておきます。
同居していない家族、認知済みの非嫡子の有無なども書いておきます。

友人・知人のこと

友人関係をリストアップします。
入院、葬儀時の連絡の希望の有無等も書きます。

手書きか、パソコン作成か?

エンディングノートの方式に決まりはありませんので、手書きでも、パソコン作成でも、どちらでもいいのですが、一般的には、手書きが好まれる傾向にあります。

無味乾燥なプリントアウトされた文字よりも、本人の意思が込められた手書きの方が良いということが理由のようです。

もっとも、最近は合理的にパソコン作成をする人も増えつつあります。Microsoftから、ワードの無料テンプレートも配布されています。
>>マイクロソフトwordのエンディングノート・テンプレート

市販されているエンディングノート

もしもノート

新品価格
¥497から
(2016/12/29 10:19時点)


PAGETOP
Copyright © 素人にもわかる遺言書の書き方 All Rights Reserved.