遺言執行者とは

「遺言執行者」とは遺言の内容を実現する人で、「相続財産の管理その他遺言の執行に必要な一切の行為をする権利義務を有」します(民法1012条第1項)。

遺言の執行に必ず遺言執行者が必要というわけではありません。しかし、子供の認知(民法781条第2項、戸籍法64条)、相続人の廃除・廃除の取り消し(民法893条、民法894条)の場合には遺言執行者が必要となります。

遺言執行者を指定するメリット

相続人が複数いる場合、相続人全員で、相続に伴う各手続を進める必要があります。したがって、例えば相続人全員で書類を作成し、署名押印が必要となったり、とても煩雑になりがちです。

しかし、遺言執行者が指定されていると、遺言執行者のみで手続きを行うことができるので、スムーズに手続きが進むというメリットがあります。

具体的な記載例

弁護士を遺言執行者に指定する例

第○条 遺言者は、本遺言の遺言執行者として、次の者を指定する。
 (住  所)東京都○○区○○町1丁目1番1号
 (職  業)弁護士
 (氏  名)執行太郎
 (生年月日)昭和○○年○○月○○日生

長男を遺言執行者に指定する例

第○条 遺言者は、本遺言の遺言執行者として、長男○○太郎を指定する。

*遺言執行者は、「未成年」「破産者」以外であれば誰でもなることができます(民法1009条)。もっとも、相続に伴う手続きをスムーズに行うためには、弁護士、行政書士、信託銀行などの依頼することをお勧めいたします。